previous arrow
next arrow
Slider

ブリティッシュ・プライドは「イギリスのエキスパート」としてこんな活動をしています

EVENT
イギリスをテーマにしたイベントを
企画・プロデュースしています
BRITISH FAIR
百貨店で開催される英国展・英国フェアの
企画・運営をお手伝いしています
UK TOUR
一般のツアーでは体験できない
素敵なイギリスへとご案内します
BOOK / MAGAZINE
編集長としての経験を活かして
雑誌、書籍などを手がけます

ブリティッシュ・プライドの2019年

ブリティッシュ・プライドの2019年

2018年も残すところあと1ヶ月。ブリティッシュ・プライドを発足してから半年が過ぎようとしていますが、なんとか助走期間から本格始動へと移っていけそうな様子です。ここまで支えてくださった皆さまにあらためてお礼申し上げます。ありがとうございます。

さて、2019年のブリティッシュ・プライドはどの方向に向かうのか……? 実はわたしにもよくわかりません。未確定のことばかりですが、実に多方面にわたるプロジェクトが企画中または進行中で、実は今後の展開をいちばん楽しみにしているのが私自身という状況なのです。

まず2月にはフィリップ・サイクス氏(ブリティッシュ・スクール・オブ・エチケット)が来日し、日本での継続的な活動が始まります。私自身はこの活動をコーディネータという立場でサポートしていきますが、この動きを受けて2月21日にはフィリップ氏と私がホスト役となってブラックタイパーティーを開催します。私自身、初のパーティー企画となりますが、それににふさわしい演出を考えていますので、ぜひご参加ください。

5月にはいよいよ「ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル」が愛媛県八幡浜市で開催されます。6月には本国からはジェーン・ハセル・マコシュ氏、ダン・レパード氏らも審査員として来日。マーマレードファンだけではなくイギリスファンにも楽しんでもらえるフェスティバルにしたいと準備を進めています。

6月以降はイギリスツアー、東京・大阪など百貨店催事と続きますが、これに加えてラグビーW杯や東京オリンピックなどのスポーツイベントを通じてイギリスと関わる機会があるかもしれません。また、新たなプロジェクトとして店舗運営の話も浮上するなど、今年以上に充実した年になりそうな予感でいっぱいです。

そして最後に、「本づくりはしばらくの間お休み」とお伝えていましたが、再開を望む声に後押しされ、また某出版社から単行本のお話をいただいたこともありまして、編集長業を復活することにしました。本の内容や発行時期はこれから詰めていきますが、テーマが「イギリス」であることはもちろん変わりません。春には新たな本が書店に並ぶと思います。ご期待ください。

(代表:新宅久起)

 

 

 

 

 

 

 

 

248 PV