ブリティッシュ・プライドはこんな活動をしています

TEA SALON
イギリス式アフタヌーンティーのお店
「スリーティアーズ」を運営しています
EVENT
イギリスをテーマにした催事・イベントを
企画・プロデュースしています
UK TOUR
一般のツアーでは体験できない
素敵なイギリスへとご案内します
BOOK / MAGAZINE
編集長としての経験を活かして
雑誌、書籍などを手がけます

日本橋三越本店 英国展 9月1日〜始まります!

日本橋三越本店 英国展 9月1日〜始まります!

日本橋三越英国展まで3週間。今回はイートインの席数減や入場経路の整備など新型コロナウイルス対策をしたうえでの実施となり、いつもの年とは違う様子の英国展になりますが、スリーティアーズは今年もさまざまな形で英国展に関わっています。以下、概要をご紹介します。

《日程》
パート1:9月1日(火)〜 6日(日)
パート2:9月8日(火)〜13日(日)

《内容》
パート1では、スリーティアーズは湖水地方グラスミアにあるティールーム「バルドリーズ」のイートインを運営。あのレモンメレンゲパイや巨大なスコーンを再び味わうことができます(英国展では冷凍スコーンが並ぶことが多いですが、スリーティアーズは会場で焼き上げるスコーンにこだわって焼き続けます!)このほか、湖水地方にある「トフィーショップ」のファッジや「ファーラーズ」の限定缶入り紅茶も輸入・販売するなど、湖水地方の味にこだわりました。

そして、昨年のブラムリーに続いて今年はあらたに「ルバーブ」をテーマにした試みも。「ミセスベリーさん」のイートインスペースが会場に登場し、ベリーさんが毎日ルバーブジャムを作り、クランブル、イートンメスなど特別メニューを楽しむことができます。

パート2では、「スリーティアーズ」がイートインとして単独出店します。実はこれまでは裏方が多く単独出店は初めてとなりますが、それだけに特別な企画を考えています。イートインでは、通常目黒のお店で提供している自慢のケーキが並ぶテイスティングメニューのほか、ティプシーケーキやクリームティーも登場します。

イートインスペースには、比留間百合子さん(英国式紅茶教室 ラ レーヌ ヴィクトリア主宰)、Design Team Liviuが手がける素敵なテーブルセッティングのディスプレイも登場。物販アイテムとしては、イラストレーター・中村恵子さんが描く紅茶缶をモチーフにしたグッズ(写真のティータオルは英国で作りました)に加えて、三段スタンドをモチーフにしたジュエリーのオーダーもお受けするなど、盛りだくさんの内容です。

ところで今回の英国展はオンラインコンテンツも充実。ご自宅にいながらにして購入できる商品ラインナップも豊富に揃います。なんとスリーティアーズが「三越英国展 第2会場」として登場する企画も進んでいますのでお楽しみに!!

5496 PV